カジノライターの特徴

一回もやったことも観たこともない人が、急に野球に関する記事を書けと言われても困ってしまいます。しかしカジノの関連の記事の執筆作業は、ギャンブルに多少なりとも知識がある私でも苦労した経験がかなりあります。カジノにそもそも行ったことの無い人も結構多いですし、日本ではまだあまり馴染みが深い存在では無いかもしれません。しかし、最近のオンラインカジノブームや近年の大型カジノ誘致の話もあり密かに注目が集まっているのも事実です。今回の記事では、盛り上がりを見せるカジノ業界についての執筆をする『カジノライター』になる為に必要なスキルを4つ皆さんにシェアしていきます。

1. iゲーミング業界の経験

先ほども前述した通り、どんな記事を書くにしてもある程度の専門知識は必要です。その場その場で調べながら頑張って書いても時間はかかりますし、その分野に詳しい人から見れば中身の無い記事になってしまう可能性もあります。カジノと言うのは当然お金をかけて遊ぶ場所である為、お金や簡単な法律の知識も必要になります。また、使用される言葉も専門用語が多いので慣れるまで数をこなす必要があります。なので、とりあえず初めてみて、頑張って継続していれば知識も付いて来ますし、記事を書くのも段々と楽しく感じるかもしれません。

2. 母国語の流暢さ

他のコンテンツライティング同様、言葉で表現すると言うのは案外難しい作業であり、言葉の豊富なボキャブラリーが求められます。同じような表現を使いすぎていないか、本当にその単語の意味は合っているのかなど、欠かさずに確認しながら作業をするのが大切です。英語で書かれた記事ならまだしも、日本語で書かれた文章にある“小さなミス”は、日本人読者からすれば大きな異物にも感じます。言葉を最大限に活かせる様に日頃から本を読んだり、映画を観たりとあらゆる感性を磨いておく事は、良いコンテンツライターになる為の準備としては最適かもしれませんね!

3. SEO対策に精通している

コンテンツライターは、文章を書くことが出来れば良いと言う訳では決してありません。そもそも何の為に書いているのかといえば、ビジネスチャンスの拡張の為に雇われている訳です。当然好き勝手書いていれば報酬が貰える訳では無く、多くの案件でSEOを意識したライティングを求められる場合があります。また近年ではSEOのシステムを悪用した“キーワードスタッフィング”と言う安直な手法に走るライターも多い為、採用前のテストなどで適正能力の事前確認を求められるケースが多いです。

4. チームワーク

ライターの多くは自宅で執筆活動に勤しむ方が多いため、一緒に作業をする他のライターとの関わりは会社員と比べると大きく異なります。だからこそ、重要な取り決めや連絡事項には素早く反応し、チームとして共有する必要がリモートワークにおいても重要なポイントとなります。納期を守ることはもちろん、スラックの様な社内ツールでコミュケーションを取っている場合は他のメンバーの質問を確認したり自分自身でもわからない事を積極的に聞いたりする事が良いコンテンツライターとして求められる必須要素だと言えます。このように内容がカジノであれ何であれ、ライターとして求められる能力や心構えは共通点が多い様に思います。